賢いVAPE総合info

役立つ記事がいっぱい!VAPEについての情報ページになります。

*

普通のタバコとVAPEはどのように違うのか

VAPEは、電子タバコの一種で、愛用者が増えています。通常のタバコと違うのは、タバコの葉が一切使用されていないことです。本体部分にグリセリン等の食品添加物や香料を入れたリキッドを注ぎ、バッテリーを装着して、加熱して水蒸気を発生させます。煙状になった水蒸気を、通常のタバコを吸うように使用できます。煙の性質も、通常のタバコに比べて優れていて、タバコの葉を燃やして出る発がん物質のタールは含まれませんし、悪臭や副流煙で近くにいる方に迷惑をかけることもありません。タバコでは、歯に付着するヤニの汚れのトラブルについても、水蒸気ですので心配がありません。原則として日本国内で販売されているリキッドには、ニコチンの販売が禁止されています。通常のタバコをVAPEに変えるだけで、タバコを吸う本数が減りますので、健康のためにも役立てられるでしょう。

電子タバコVAPEのトリック輪っかの作り方

電子タバコVAPEはリキッドを蒸気化する嗜好品ですが、煙を自在に操るトリックという手法が遊びとして流行っています。定番は輪っかを作ることですが、このポピュラーな基本技も少々の練習が必要となってきます。通常のタバコとはやり方が違います。肺までしっかりと吸い込み、喉と口を駆使した輪っかを作ります。言葉では少々難しいですが、口を大きめに広げて喉の力を使って煙を外に押し出す感じです。動画サイトに実際にプレイしている様子がたくさんアップされていますので、まずをそれを見てイメージを膨らませましょう。リキッドについては、制限はありませんが、風のない部屋を選んで練習する方がベターです。数日ほど練習を繰り返すことで、できるようになる人が多いようです。1つできるようなると連続技など、バリエーションがありますので、輪っかのトリック1つをとってみても奥は深いです。

電子タバコVAPEのトリックが楽しい

電子タバコVAPEの煙を使って、いろいろなトリックと呼ばれる遊びが提案されています。例えば、輪っか、竜巻、シャボン玉などです。友人などの集まりの席で、披露すればウケること間違いなしです。しっかりとコツをつかんで練習をしておきましょう。煙で輪っかを作る方法は、通常のタバコでもやっている人がいますが、やり方が少々違います。通常のタバコでは、ふかすだけで、口の中の煙をほほでコントロールしましたが、VAPEの場合は口と喉で煙をコントロールします。風の影響を受けやすいので、無風の室内で行うと良いでしょう。実践の前に、動画サイトでの参考動画をご覧ください。シャボン玉は比較的、簡単です。石鹸などでシャボン玉を作るときに、煙を中に吹き込むことで作れます。竜巻の作り方は、机の上で行うとやりやすく、平面的に煙を吐き出したところを指先で、救い上げるようにして作ります。後悔されている動画見ることで、コツをつかむことができますので、視聴をおすすめします。

公開日: