賢いVAPE総合info

役立つ記事がいっぱい!VAPEについての情報ページになります。

*

VAPEの使い方とランニングコスト

VAPEとは、日本で言う電子タバコのことです。燃焼式のタバコと違って火を使わずに、リキッドというグリセリンを主体とした香味を含んだ液体を加熱することによって発生した蒸気を吸いこむという物です。商品の形としては、タバコに似せた細いものや葉巻型、ボールペンタイプとさまざまなデザインをしており、ファッション性が高くなっています。構成としては、フレーバーリキッドとアトマイザー、電気コイル、充電式バッテリーなどからなっています。初心者向けにスターターキットという、VAPEを使うための用具が一式そろっているセット品が各社から販売されています。まったく初めてという方は、スターターキットを購入して試してみると良いでしょう。フレーバーリキッドは多くの種類があり、30ミリリットルのリキッドで2000円程度です。1ミリリットルでタバコ10本分と言われており、普通のタバコと比べてランニングコストに優れています。

これからVAPEをはじめるなら

最近では日本でも注目が集まっている電子タバコですが、これからVAPEをはじめようと思った場合は、先ず本体やリキッドを購入することになります。その時は便利なスターターキットもおすすめです。アトマイザーやバッテリーや充電関連のアイテムなど、VAPEを楽しむために必要な品々が一式揃っていますから、初めての場合は最適な商品です。販売店によりましてもセット内容や取り扱いメーカーも違いますが、中には初心者向けのお手頃価格のスターターキットを販売している販売店もありますから、先ずはそこからはじめてみることも良いかも知れません。また、VAPEはスタイリッシュな本体や、色とりどりのカラーバリエーションが豊富なことも魅力です。スターターキットを購入する場合はネット通販も便利ですから、数々のネットショップをチェックして、自分にピッタリな商品を探してみて下さい。

VAPEでタバコ代を節約

タバコは一箱四百円を超えることもあり、毎日一箱吸った場合は一ヶ月で一万円を軽く超えてしまいます。そのため日頃のタバコ代を抑えたいと考えている場合では、VAPEを試してみることも良策です。電子タバコは最初に本体などのワンセットを揃える必要もありますが、基本的に繰り返し使うことができますから経済的です。消耗品と致しましてはリキッドがありますが、本物のタバコほど出費がかさまないことが一般的です。また、アトマイザーも使用している間に匂いや汚れが取れなくなった時は交換致しますが、年間のトータルコストでは本物のタバコ代よりも安くなることが殆どです。そこで、本物のタバコを吸う比率を下げて、VAPEを吸う比率を上げますとタバコ代も節約することができます。禁煙にも適したアイテムですから、その目的でもVAPEは役立ちます。

一般的な電子タバコはバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーとマウスピースから組み立てられます。 日本ではまだまだタバコの代用品ですが、海外では嗜好品として認知されています。 火器を使用しないので、タバコのようにタールや一酸化炭素も発生しません。 副流煙が出ないので、周囲の人にも迷惑がかかりません。 リキッドは様々な種類があるため、お気に入りのフレーバーを探す楽しみもあります。 海外人気のVAPEも入荷多数!

公開日: